スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


楽天が選んだオススメ商品!

ごめんなさい。オススメ商品はありませんでした・・・。

スポンサー広告
Trackback:(-) | Comments:(-)
涼しい夏の着物のコツは素材でも・・・

夏の着物は素材に気を配るのが涼しく過ごすポイントです。

夏の着物、小物の素材として挙げられるのは・・・
紗、麻、麻絽、綿絽、綿紗、ポリエステル絽、ポリエステル紗、綿楊柳麻クレープ地など

クチコミでは
・ポリエステルは気軽に洗えるメリットがありますが、風を通しづらい、汗をかくと肌にひっつくこともあります。

・麻のステテコは裾さばきがよくなると言われる方もいます。

・麻は涼しいのですが、お肌が弱い方はゴワゴワして痛い、という方もいらっしゃるようです。


また、帯板や襟芯はメッシュ素材の物を利用するのもポイント。

 メッシュ帯板

 こちらは兵児帯用の帯板。幅が広く作ってあります。
兵児帯がすっきりキレイに整います。オトナの兵児帯用 メッシュ ソフト帯板(前板)


うそつき襦袢の身頃は綿や麻、
裾よけも麻混の素材とすれば、夏でも気軽に涼しく着物を着ることができそうですね。

楽天が選んだオススメ商品!

ごめんなさい。オススメ商品はありませんでした・・・。

スポンサーサイト
夏着物のコツ
Trackback:(0) | Comments:(0)
夏の着物下着のまとめ

夏の着物の下着は基本的に他の季節と変わりません。

・肌襦袢、裾よけ
・長襦袢
・着物
です。
これに加えて・・・
透けるからカップつきインナーを着たり、
           
  【Cadile】カップ付き吸汗速乾タンクトップ【テイストスポーティ】【目的フィットネス】【京女...
吸汗速乾性ってトコがいいですね。

汗取り対策としてタオルや晒をつかったり、
          白十晒 33cm*10mシンプル・・・

はたまた暑いから肌着は着ない。とか・・・
TPOや体質に合わせて皆さん工夫していらっしゃいます。

これが逆に、夏の着物の下着をどうしていいのか分からない・・・という疑問につながるのでしょうね。


夏の下着については何を何枚着るか、どんな素材がいいのか
と語られることが多いのですが、まとめると

・大切な着物なら汗取り肌襦袢をつける
・普段着なら涼しさ重視。着物の下にはたくさん着ない

のようです。

しかし一番大切なのは

・肌や下着が透けない

ことですね。


洋服も同様ですが、ちらっと下着が見えているのは周囲の人に気を使わせてしまいます。

着物を着ている自分も、見ている周囲の人も
涼しくさわやかに過ごせるのが一番いいですね。


楽天が選んだオススメ商品!

ごめんなさい。オススメ商品はありませんでした・・・。

夏着物のコツ
Trackback:(0) | Comments:(0)
夏の着物バッグ
よく読まれる記事
・夏の着物の汗対策、あしべ織の肌襦袢
あしべ織の説明です。リンク先の写真も大きくて分かりやすいと思います。

・竹絽という素材の長襦袢。洗える着物!
ポリエステルとレーヨン混紡ですが、さらりと涼しそうな新素材です。

・東レシルックの長襦袢、絽ちぢみ。夏の着物用。
絽ちぢみの東レシルックです。
自宅で洗濯できるのは夏は特に便利ですね。

・夏着物にコーディネートする草履
夏専用としてシザール(麻)や絽つづれの草履があります。
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。